エコツアー

自然を楽しみ、自然を守る。旅行の新しい形、エコツーリズム。

エコツーリズムとは、地域の自然環境や歴史、文化を観光客に伝えることによって、その価値が多くの人に理解され、保全されていくことを目指すものです。観光客に地元の魅力を伝えることで、そこに住む人々も自分たちの地域の大切さを再認…

日本のエネルギー

自然エネルギーに燃える日本。原発事故が変えたエネルギー観

東日本大震災の福島第一原発事故以来、自然エネルギーの活用がさまざまな場所で叫ばれてきました。環境に優しい自然エネルギーを使い、子どもたちにもこの地球環境を残してあげたいと思う気持ちは、みな同じだと思います。そこで今回は、…

廃品を生まれ変わらせるニューズド・プロジェクト

廃品に新しい命を吹き込むエコプロジェクト。「ビジネスになること」が条件

今までだったら捨てられていたものを、新たな視点から見直し、他の製品として生まれ変わらせている団体があります。 特定非営利活動法人の、ニューズド・プロジェクトです。 英字の古新聞でバッグを作ったり、車のシートベルトで蝶ネク…

田舎への移転

東京から新潟へ引越した出版社!地方で働くからこそ生まれるメリットとは?

ITが社会で爆発的に流行し始めたころ、「もうわざわざ東京にオフィスを置く必要はない」ということが言われていました。 メールで用件は伝え合えるし、画像などのデータのやりとりもできるからです。 しかし、現在も多くの会社は東京…

そらべあ基金

地球温暖化に苦しむ動物たち。フィンクションで終わらない、そらべあの話

そらべあ基金をご存知ですか? 地球温暖化によって、氷の大地が溶け、母と離れ離れになってしまったホッキョクグマの「そら」と「べあ」。温暖化で溶けていく氷の大地でお母さんを探す旅が始まりました…。 そらべあ基金では、このホッ…

サブウェイがつくる野菜工場

サブウェイが作る野菜工場。店内で作った野菜がそのまま商品に!

野菜がたくさん食べられるファーストフード店として有名な、サブウェイ。お好みの野菜を挟めるサンドウィッチ店として、人気を集めています。 そのサブウェイが、店内に設置する植物工場の開発に取り組んでいます。すでに国内2カ所の店…

屋根に塗っても、内装に塗っても効果アリ!JAXAも認めたガイナの威力

苦労に苦労を重ねて開発したガイナですが、その成果は社会に認められないままでした。 石川社長はガイナの販売をやめることも考えました。 そんな折り、昔営業に回っていた建築家から連絡がきます。 その建築家はブティックの建設をま…

画期的過ぎて10年間誰にも信じてもらえなかった、「塗る断熱材」ガイナ!

「塗る断熱材」をご存知ですか? 名前は、ガイナ。従業員25名の会社が作り出した製品で、断熱材の革命として今、非常に注目されています。 しかし、ガイナが社会に認められるまでには、14年もの歳月がありました。その軌跡を追って…

2306062f60c7b85f0a2f747415eb8d68

大量の瓦礫を再利用!電力や堤防に生まれ変わる東北の瓦礫たち

東日本大震災によって生まれた、大量の瓦礫。 これらの瓦礫を、処理するのではなく、再利用しようとする取り組みをふたつご紹介します。 まずは、木材を使った、バイオマス発電です。 瓦礫は被災地全体に1700万tあると言われてお…

農業

農家にも若者にも頼らない!逆転の発想で生まれた超巨大農業市場!

年商22億円。 愛知県に、多くの人がこぞって野菜を買い求めに来る、巨大農業市場があります。 愛知県今治市は、海運でにぎわう街です。海辺には造船工場が並びます。 また、タオルの製造は日本一で、工業が盛んな土地です。 特別農…

12345