ローソンがエコなコンビニを新設!人工知能が効率の最大化を実現

コンビニエンスストア大手のローソンは、2012年12月7日に、スーパーエココンビニをオープンしました。オープンした場所は神奈川県海老名市にある「ローソン海老名上今泉二丁目店」。太陽光や地中熱の自然エネルギーを活用しています。そして何より、人工知能が各機器を操作して、最も効率的に動くように操作しているのです。これにより、店舗の電気使用量を30%減らすことができました。
こうした取り組みはまだこの1店舗のみですが、ここでデータを収集し、多店舗にも導入を進めていく予定です。

店舗の造り方も、従来とは異なっています。プレハブ工法を採用することにより、工期を短縮することに成功しました。これで、工事の際の電気量を減らすことができます。また、鉄骨量も従来のものに比べ30%削減することができ、その分は廃材をなくすことができました。
こうしたプレハブ工法は、東日本大震災後に被災地に出店した店舗が参考になっています。この店舗もプレハブ工法で作られており、限りある資源を使っていかに早く商品を届けるか、という発想が生まれたと関係者は話しています。
また、「高断熱外壁」が使われているのも特徴です。この外壁はローソンで使用されるのは初のことで、高い断熱効果を発揮します。店舗の外壁の外に張られたシートのようなものなのですが、外壁との間に空気の壁を作り出し、これが断熱に一役を買っています。

都市部によく見られるヒートアイランド現象は、舗装の下に地下水を流すことで対処しています。約17度で安定している地下水を地面の下に流すことによって、蒸発気化を起こして温度を下げているのです。

コンビニの屋上には太陽光発電が設置されています。年間約1万8000キロワットの発電が可能で、災害などの緊急時や、電気使用が高まるピークシフト時などに使うほか、余剰分は売電に回しています。蓄電池も用意されています。

今どれくら電気を使っているかを把握する「見える化」が今までは進められてきました。そして見える化をした後に、どのような行動をとるべきか、という段階に入ってきているのです。その役割を担うのが、東京大学生産技術研究所が開発した人口知能システムです。これにより、最適な電気の使い方が実現されます。
最近話題のスマートハウスも自動で節電を行なってくれるのが特徴ですよね。

ローソンの年間排出二酸化炭素量は約70万トン。なんとこのうちの85%が店舗で使用する電気です。
今回新設されたコンビニが、他の店舗のモデルケースとなっていくことが期待されています。

おすすめ記事

光だけを通して熱を反射させる窓ガラス!

窓にはめるだけで断熱をしてくれる。そんなお手軽に省エネを実現してくれる窓ガラスがあるのをご存知ですか?