燃費はいいけど、遠出はできない?電気自動車のメリット、デメリットを比較


電気自動車
最近、CMでも電気自動車の広告を頻繁に見るようになりました。
電気で走る、ということには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

そもそも、電気自動車(EV)とは、エンジンを使わず、代わりにモーターと制御装置を設置したものです。
英語のElectric Vehicleの略、EVという名でもよく呼ばれます。

メリット

排出ガスが出ない
電気自動車の最も注目される点のひとつが、走行中に排出ガスを出さないことです。地球環境に大きく貢献することができます。

燃費が良い
電気自動車に必要な電気代は、ガソリンに比べるととても安く抑えることができます。
自動車の性能にもよるため正確な数字は出せませんが、ガソリンを使う一般車から電気自動車に変えた場合、コストが最大9分の1安くなると言われています。
安い夜間電力を使えば、1kwを1円で走る計算になります。これは今のガソリン価格で考えると、1L分の料金で130km走ることができる計算になります。ガソリン車の場合は、1Lあたり20kmほどです。

実は、電気自動車は従来の自動車に比べ、燃費がとても良いのです。
電気自動車が走行に使う電気代は、ガソリンよりも割安です。ガソリンを使う自動車と比べ、コストは最大9分の1になるという実験結果もあります。
料金が安くなる夜間電力を使えば、1円で1kmの距離を走ることができます。電気自動車は非常に効率の良い自動車なのです。

簡単に充電できる
電気自動車は家庭で充電することができます。一般的な家庭のコンセントは100V用のものですが、電気自動車によっては、その上の200Vに対応したコンセントが必要になります。しかし、これは工事で後付けできます。
だいたい、平均8時間ほどで空っぽから満タンまで充電することができます。

電気時自動車は、ものによっては家庭用の100Vのコンセントではなく、200Vのコンセントでなければ充電できないことができます。しかし、これは工事によって跡付けできます。あとは、差して充電するだけ。空の状態から満タンになるまでは、約8時間です。

静かに走る
電気自動車を運転してみると、走行音がほぼ無音なことに驚かされます。気持ちのいい運転が可能になります。

デメリット

充電時間の長さとインフラの未整備
電気自動車は、充電に長い時間がかかります。ですので、理想の形としては、昼に使って夜に充電、といったものになります。
また、後述する走行距離の話しとも関係してきますが、ガソリンスタンドのように充電できる設備は、まだまだ少ないのです。そのため、電気自動車の遠出は厳しいとされています。

インフラが整っていない
ガソリンスタンドのような、充電スタンドが電気自動車には必要です。ただ、まだまだ普及は進んでいません。そのため、電気自動車での遠出は難しいです。
しかし、充電スタンドを設置して、利用者に提供する飲食店も出てきています。そういったお店を活用しながら運転するのも、楽しいドライブになりそうです。

走行距離が短い
電気自動車の一充電走行距離は、100km程度です。遠くへのドライブは、ちょっと厳しいですね。充電箇所の少なさや充電時間の長さから、生活圏内での使用がベストですね。

電気自動車は燃費がいいのが特徴ですが、一度にたくさんの電気を充電することができません。一回の充電で走れる距離は、100kmほどです。遠出するためでなく、普段の生活の中で使うのが理想です。

 

おすすめ記事

電気自動車を家庭用の電源に。日産が提供する新しいEVシステム

電気自動車を家庭用の電源として使う、LEAF to Homeというサービスを日産が打ち出しています。蓄電池のような使い道が可能になることで、スマートハウスの普及にもつながりそうです。