アイスとエネルギー問題の意外な関係!資源採掘はアイスを値上げする?

暑い夏。ついついコンビニなどでアイスが食べたくなりますよね。
その夏の必須アイテム、アイスの原材料が高騰し、アイス産業に大きな打撃を与えているんです。

高騰している原材料とは、グアーガム。アイスに粘りを与えるために必要なものです。グアーガムはインドやパキスタンで栽培されるグアー豆から作られます。

このグアーガムが、今年に入り値上がりが続いています。6,7月には値上がりのピークを迎え、従来の値段の15倍という状況です。

グアーガムが急に取れなくなったわけでも、アイスが世界中で増産されているわけでもありません。
その原因は、アメリカのシェールガス採掘でした。

シェールガスというのは、天然ガスの一種です。地中に埋まるシェールガスを発掘するためには、砂とグアーガムを混ぜた水で、岩盤に割れ目を作ります。砂を使ってその割れ間が埋まってしまうのを防ぐのですが、この砂を割れ目のところまで運ぶのにグアーガムが必要となるのです。

アメリカはグアーガムを、必要な数量分、値段をいとわずに購入しています。
その結果、グアーガムの需要は1.5倍に。

アイス会社も、安易に値上げができない状況の中、経営努力に苦心しています。
砂糖や乳製品といった材料も、新興国で高まる需要により、価格の高止まりが続いています。

グアーガムの今後は、11、12月の収穫量にかかっています。
エネルギー源の発掘が、アイスの価格に影響してくる。
珍しいことにも思えますが、こうした「意外な関係」は、グローバル化が進む今、当たり前のものになりつつあります。

 

おすすめ記事

お財布と環境にやさしい食生活!

スイカ、キュウリ、トマト!夏の食べ物はアイスだけではありません。しかも、旬の食べ物を食べることは、地球環境にもいいことなのです!