超小型電気自動車

マンション向けの超小型電気自動車カーシェアリング開始!

豊田通商は、超小型電気自動車を使ったカーシェアリングサービスを2012年11月に始めました。マンション向けのこのサービスは、愛知県長久手市の「プレシアスシティー・ザ・ジーズンズ」と、東京都港区の「アクシア青山」で実施され…

エコな宿泊施設

エコは集客へとつながるか?長野県の宿の取り組み

「エコ」がブランドとなっている今、様々な業界がエコらしさを取り入れようとしています。 長野県には、エコな心をもったおもてなしを行う宿を登録し、持続可能な観光を目指す「信州エコ“泊”覧会」という取り組みがあります。 ここに…

a0002_001233

ローソンがエコなコンビニを新設!人工知能が効率の最大化を実現

コンビニエンスストア大手のローソンは、2012年12月7日に、スーパーエココンビニをオープンしました。オープンした場所は神奈川県海老名市にある「ローソン海老名上今泉二丁目店」。太陽光や地中熱の自然エネルギーを活用していま…

三角エコビレッジ サイハテ

新しいコミュニティのあり方。エコヴィレッジに集う若者たち

エコヴィレッジとは、持続可能な生活を目指すコミュニティのことを指します。1991年にロバート・ギルマンによって以下のように定義されました。 ・ヒューマン・スケール(人間の身体)に即した設計がされている ・生活を送るのに十…

エコアミューズメント

ゲーム業界にもエコラベル登場!ゲームの新しい基準

バンダイナムコゲームスが、ゲーム業界初の試みに挑戦しています。それは、ゲーム業界にエコラベルを導入するというものです。 バンダイナムコゲームスは、2012年よりエコラベルを表示する取り組み、「エコアミューズメント」を始動…

獲れる量の減るシジミ

急速に姿を消していくシジミ。地震の揺れが原因か?

みそ汁の定番の1つ、シジミ。 冬になり、寒さのために栄養を多く取り込んで大きくなったシジミは「寒シジミ」と呼ばれます。茨城県では、2人掻きと呼ばれる伝統的な方法でシジミ漁を行っています。 しかし、今急激にシジミの獲れる量…

食用油をリサイクルしてバイオディーゼル燃料に

学園祭をもっとエコに!首都圏の大学が廃油を集めて燃料に

秋と言えば、学園祭シーズン。大学生たちが、模擬店などで大学をにぎやかにします。 揚げ物など、飲食店も多く出る学園祭ですが、その際にでる食用油をただ捨ててしまうのはエコじゃない、という考えから、首都圏の13大学が「キャンパ…

草刈りを行うヤギ

燃料使わず草刈りを代行!荒れた田畑にヤギはいかが?

空き地や、使われていない田畑。ぼうぼうにのびる草を刈るのは重労働です。 そんな手間を肩代わりしてくれるサービスがじわじわと広まっています。燃料いらずで、人の手を借りずに草刈りを行う。それを担ってくれれるのは高性能な機械で…

ロシアからのエネルギー依存脱却をはかるリトアニア

原発の新設に国民の90%が反対。エネルギー問題に揺れるリトアニア

バルト三国の1つリトアニアでは、新しい原子力発電所設立を巡って議論が続いています。 リトアニアは、自国のエネルギー供給のほとんどをロシアからの輸入に頼っています。 依存状態から脱するため、日本の日立製作所に新しい原子力発…

エコな技術が詰まったスカイツリー!

効率性は世界最高!?エコ技術が詰まったスカイツリー

今年5月22日に完成した、スカイツリー。 実は、スカイツリーは非常に高効率なしかけがたくさんある、エコな建物なんです。 その秘密は、高い上部ではなく、地下に隠されています。 スカイツリーの地下へ行くと、大量の熱源機器が設…

12345